ドラクエ2 プレイ日記(07)大神官ハーゴンと破壊の神

ドラクエ2 プレイ日記(07)大神官ハーゴンと破壊の神

【Chapter07】ロンダルキアの台地にやっとの思いで到着するも、モンスターの強さは別次元。レベルを上げハーゴンの神殿に挑むもそこで見た光景に目を疑うが、ついに大神官ハーゴンとの最終決戦に挑む!

プレイソフト:【Wii SFC】ドラゴンクエスト25周年記念 FC&SFC ドラゴンクエスト1・2・3

ロンダルキア台地
【 ロ:LV23 / サ:LV21 / ム:LV17 】

周囲を囲む岩山によって外界から隔離され、白銀の世界となる「ロンダルキア台地」。この地で唯一セーブできるのは北東にある「ロンダルキアのほこら」のみ。出現モンスターは今までと桁違いで、3匹以上だとかなり厳しい戦いに。ムーンブルクの王女がイオナズンを覚えるまではロンダルキアへの洞窟でレベル上げに専念。イオナズンを覚えても全く油断できないが、互角以上となり順調にレベルが上がる。
レベルが低いとかなり苦戦するモンスターばかり

レベルが低いとかなり苦戦するモンスターばかり

どうかザラキは唱えませんように…

どうかザラキは唱えませんように…

ハーゴンの神殿
【 ロ:LV33 / サ:LV31 / ム:LV25 】

ロンダルキア台地の西に位置し、ラストダンジョンとなる「ハーゴンの神殿」は入るとローレシアの城に酷似している。これはハーゴンの幻術でルビスの守りを使用すると幻が解かれ神殿内部の1階が姿を現す。2階の階段は何処にもなく中央の奥にある十字架の真ん中で邪神の像を使用することで2階へ移動する。ヒントも少なく十字架へのルートも壁に隠れ中々ハードルが高い。
神殿の2階へ行くためにここで邪神の像を使う

神殿の2階へ行くためにここで邪神の像を使う

出現するモンスターは悪魔神官のイオナズン連発に気をつければそれほど苦戦はしない。4~6階の上り階段手前には「アトラス」「バズズ」「ベリアル」の幹部が各階の門番として待ち構え強制戦闘となる。ベリアルは流石に強いがスクルトとルカナンを駆使してここも撃破。但しMPは大分消費したため、祈りの指輪で全回復をしておく。ハーゴンの神殿はラストダンジョンとしては珍しく強力な武器・防具・アイテムが存在しない。
圧倒的な腕力で襲いかかる「アトラス」

圧倒的な腕力で襲いかかる「アトラス」

恐ろしいメガンテを使う「バズズ」

恐ろしいメガンテを使う「バズズ」

ベホマを使い幹部でも一番強い「ベリアル」

ベホマを使い幹部でも一番強い「ベリアル」

ハーゴン・シドーとの最終決戦
【 ロ:LV33 / サ:LV31 / ム:LV25 】

最上階となる7階にはハーゴンが鎮座していて話しかけるとついに最終決戦へ。ムーンブルクやザハンの漁師たちのためにも必ず勝たなければならない。ハーゴンはイオナズンに打撃も2回攻撃が厳しいためスクルトは必須。さらにタイミング良くベホイミも唱えるなど、さすがに判断能力が高いがは喜ぶのも束の間、ハーゴン自らを生贄として破壊の神シドーを召喚。今度こそラストバトルに突入。
ついに大神官「ハーゴン」との決戦へ

ついに大神官「ハーゴン」との決戦へ

凶悪で邪教の教徒らしい出で立ち

凶悪で邪教の教徒らしい出で立ち

シドーは竜の姿をした邪神で、前作に続き相当格好いいラスボスでいかにも強そう。激しい炎が強烈で2回攻撃やスクルト・ルカナンも唱え多彩な攻撃。こちらはローレシアの王子のみ攻撃役でサマルトリアの王子とムーンブルクの王女はスクルト・ルカナンを応酬してひたすら回復に専念。防御力が高いためルカナンを唱えないとかなり厳しいが、根気よくダメージを重ねついにシドーを撃破!
天地を揺るがす絶大な力を持つ「シドー」

天地を揺るがす絶大な力を持つ「シドー」

苦戦しながらもついにシドーを撃破!

苦戦しながらもついにシドーを撃破!

エンディング
【 ロ:LV33 / サ:LV31 / ム:LV25 】

シドーを倒すと神殿が崩れ落ちエンディングへ。当然モンスターもいなくなったため、各地で祝福を浴びながらローレシアの城へ。中でもムーンブルクの城では王様の魂に話しかけると感動的なシーンを迎える。ローレシアの城では王様から王位を譲ると言われまた旅に出ると言わないか不安だったが今作では快諾する。外では花火も上がりスタッフロールは前作同様冒険の名シーンの回想で終わる。
皆から祝福され王位に就くパンクロ

皆から祝福され王位に就くパンクロ

ドラクエ2クリア!

ドラクエ2クリア!

まとめ

ドラクエ2は前作に比べフィールドが約4倍と広くなり、仲間も3人での冒険となった。剣士のローレシアの王子、魔法戦士のサマルトリアの王子、賢者のムーンブルクの王女とそれぞれのキャラも魅力的。モンスターも集団で出現し、攻撃・防御のバランスが重要で戦闘の面白さが格段に増した。

終盤のロンダルキアへの洞窟の難易度はやはりドラクエシリーズでもかなり厳しい部類に入る。その分ロンダルキア台地に降り立った感動と、凶悪モンスターへの悲壮感などインパクト十分な作品。謎解きも難しかったが初登場の船により移動範囲が一気に広がり、ストーリーは大神官ハーゴンの討伐とシンプルで良かった。

関連記事
ドラクエ2 プレイ日記(01)サマルトリアの王子は何処?
ドラクエ2 プレイ日記(02)ムーンブルクの王女も仲間に!
ドラクエ2 プレイ日記(03)船を手に入れ世界が広がる!
ドラクエ2 プレイ日記(04)重要アイテムには危険が潜む
ドラクエ2 プレイ日記(05)水門の鍵で閉ざされた航路が復活
ドラクエ2 プレイ日記(06)最難関ロンダルキアへの洞窟へ
ドラクエ2 プレイ日記(07)大神官ハーゴンと破壊の神
プレイ日記
ドラゴンクエスト1(Wii SFC)
ドラゴンクエスト2 悪霊の神々(Wii SFC)
ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…(Wii SFC)