FF2 ピクセル プレイ日記02「ミスリル入手」

FF2 ピクセル プレイ日記02「ミスリル入手」

反乱軍に入ったフリオニールたちはミンウを仲間にしてサラマンドへ。調査を依頼していたヨーゼフを見つけ、捕らわれたサラマンドの人々とミスリルを探し出すためセミテの滝へ向かう。

< 01 反乱軍と4人の若者 02 ミスリル入手 03 女神のベル入手 >
ファイナルファンタジー2 TOP
※ネタバレが含まれているため、初見でゲームを楽しみたい方は閲覧にご注意ください。



パルムの町

サラマンドまでは距離があり、アルテアの町から北東に進みカヌーを使用すると辿り着くのがパルムの町。特にイベントは無いがフリオニールが女性に一緒に暮らそうと口説かれる一面も。

自由ですな…

自由ですな…

ポフトの町

パルムの町からさらにしばらく北東に進むとポフトの町へ。パルムの町から船もでているけどミンウがいるので戦闘で熟練度などを上げながら進む。ミンウは白魔道士でかなり白魔法が使えるので心強い。ポフトの町ではパブにいるシドから「飛空艇」について聞くことができる。

16種類の白魔法が使えるミンウ

16種類の白魔法が使えるミンウ

飛空艇と言えばのシドがシリーズ初登場

飛空艇と言えばのシドがシリーズ初登場

サラマンドの町

ワールドマップ北部に位置する雪国の町、サラマンド。連絡が途絶えたヨーゼフはすぐに見つけられたが、フリオニールたちを信用してくれずセミテの滝で奴隷として働かされているサラマンドの男たちを救出すれば信用するという。ミンウがいても信用できないってか。

確かに女性ばかりだな

確かに女性ばかりだな

少し様子がおかしいヨーゼフ

少し様子がおかしいヨーゼフ

セミテの滝

サラマンドの南西にあるセミテの滝。FF2で初めてのダンジョンとなり地下5階までとかなりの広さ。モンスターも手強く物理攻撃が殆ど効かないグリーンスライムはMPの消費は極力避けたいのでかなり厄介。地下3階に進むと北西の部屋にはサラマンドの捕らわれた人々がいて、ポールに話しかけると彼等を逃してくれる。そしてヨーゼフの娘のネリーも人質にされ、ボーゲンに脅されていたのでヨーゼフは連絡できなかったらしい。なるほど…それでヨーゼフがあの様子だったのか。

グリーンスライムにはファイアが有効

グリーンスライムにはファイアが有効

またしてもボーゲンの名前が

またしてもボーゲンの名前が

さらに奥を目指し地下5階のテレポの入った宝箱を開けるとランドタートルが出現。硬い甲羅は物理攻撃を寄せつけずマリアのブリザド連発で何とか倒す。そして最深部ではミスリルを守る帝国兵・サージェントとのボス戦に。FF2最初のボス戦、ミスリルも欲しいので気合を入れていきますか。

いや、ミスリルはいただくよ

いや、ミスリルはいただくよ

サージェントは防御力が高く物理攻撃は厳しい。マリアのファイアがメインで、フリオニールもファイアを使えるので少しずつダメージを蓄積。ミンウはプロテスやブリンクで防御・回避を強化して、必要に応じてケアルで回復。これを繰り返してサージェントを撃破しミスリルを手に入れる。

物理攻撃はダメージが殆ど通らない

物理攻撃はダメージが殆ど通らない

マリアのファイアが頼り

マリアのファイアが頼り

ミンウがいるので回復は安心

ミンウがいるので回復は安心

ついにミスリルを入手!

ついにミスリルを入手!

アルテアの町

ミスリルを持ってアルテアの町に戻りヒルダに見せると、武器屋のトブールへ渡せと言われる。早速トブールに渡すとミスリルの武器・防具を作ってくれて購入できるようになっている。ギルは大分溜まっていたのでフリオニールはミスリルでフル装備!ヒルダの話では帝国が大戦艦を建造しているので阻止して欲しいと頼まれ、今度はバフスクへ向かうことに。

ミスリルで装備が一気に充実

ミスリルで装備が一気に充実

確かに…

確かに…
< 01 反乱軍と4人の若者 02 ミスリル入手 03 女神のベル入手 >
ファイナルファンタジー2 TOP



プレイ日記

ファイナルファンタジー2(ピクセルリマスター)のプレイ日記。
プレイソフトは2021年7月29日に販売されたSteam版。
※ネタバレが含まれているため、初見でゲームを楽しみたい方は閲覧にご注意ください。

ファイナルファンタジー2 TOP
01 反乱軍と4人の若者 02 ミスリル入手
03 女神のベル入手 04 大戦艦の破壊
05 飛竜の卵 06 フィン城奪還
07 究極魔法アルテマ 08 竜巻
09 パラメキア城 10 地獄へ通じるジェイド
11 パンデモニウムの決戦 12 プレイ後の感想

© 1987, 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO & IMAGE ILLUSTRATION: © 1988, 2007 YOSHITAKA AMANO