スーパーマリオRPG プレイ日記02「強敵!ハンマーブロス」

スーパーマリオRPG プレイ日記02「強敵!ハンマーブロス」

今回の敵はカジオー軍団と分かり、キノコ城の大臣に報告すると飛び出したキノピオを追いかけてマッシュロードへ。敵を倒しながら奥まで進むとお馴染みのハンマーブロスが行く手を阻む。

< 01 敵はクッパじゃない!? 02 強敵!ハンマーブロス 03 泣き虫王子のマロ >
スーパーマリオRPG TOP
※ネタバレが含まれているため、初見でゲームを楽しみたい方は閲覧にご注意ください。



マッシュロード

キノコ城に繋がるマッシュロードはキノピオの言う通りモンスターがいっぱい。バトルの相手はクリボーで、アクションコマンドのタイミングを練習。よし、攻撃も防御も大丈夫みたいなので片っ端から倒していこう。パタパタも出てきてこの子は防御力は高いがジャンプに弱いようだ。戦闘のテンポや音楽が良く、斜め見下ろし視点(クォータービュー)もちょっと新鮮で楽しい。

最初のフィールドはマッシュロード

最初のフィールドはマッシュロード

クリボーとの戦闘

クリボーとの戦闘

フィールド上の?マークの宝箱をジャンプで突き上げるとコインを入手。この辺りもマリオだ。そして少し進むと何やらキノピオがクリボーに脅しをかけられている。言わんこっちゃない…。クリボーを倒してあげるとキノピオはあまり気にしていない様子でお礼にハニーシロップを渡してくれるが、また1人で行ってしまう。今度も誰かに捕まっていると期待して良いかな?

宝箱の下からジャンプするとコインをゲット

宝箱の下からジャンプするとコインをゲット

クリボーに追い込まれているキノピオ

クリボーに追い込まれているキノピオ

戦闘を重ねるとマリオが初めてのレベルアップ。各ステータが上がり特別ボーナスは攻撃・防御、HP、魔法攻撃・魔法防御の3種類から選択できるので今回はHPを選択。今後は物理攻撃が好きなので攻撃・防御中心に割り振ろう。そしてキノピオはパタパタに捕まって飛んでいるではないか。面白いキノピオ。助けると今度はフラワーカプセルを貰え、キノピオはまたまた1人で先に行く。

マリオがレベルアップ!

マリオがレベルアップ!

今度はパタパタに捕まったキノピオ

今度はパタパタに捕まったキノピオ

マッシュロードをどんどん進むとトゲへいも出てきた。攻撃力があり見た目通りジャンプは効かないので通常攻撃で倒す。何度かトゲへいと戦闘を繰り返すとマリオがレベル3になりファイアボールを覚えた。なんだか強うそうな技だけど、未だに装備は丸腰なのが気になるな…。

踏んだら痛そうなトゲへい

踏んだら痛そうなトゲへい

そろそろ出口かなと思っていると、クッパ軍団のエリート兵士・ハンマーブロスが通せんぼ。今まで数多のマリオを葬ってきた右手のハンマーを見せびらかせてくるが、左手に捕まったキノピオもちゃっかりアピールしてくる始末。はいはい、助けますよということで初のボス戦に。

左手も気になるのですが…

左手も気になるのですが…

ハンマーブロスは1体かと思ったら戦闘になると2体で登場。確かにセットのイメージはあるか。ボスだけあってHPが高くハンマーバラバラは中々のダメージを受ける。最初の1体は通常攻撃の力試しで倒してキノコで回復。2体目は根性アップで防御力を上げてくるが、マリオは覚えたばかりのファイアボールで攻撃して撃破。連打でダメージが増え、火の玉は以外に大きいのね。

ハンマーブロスとのボス戦

ハンマーブロスとのボス戦

さすがハンマーの攻撃は威力が違う

さすがハンマーの攻撃は威力が違う

マリオのファイアボールが炸裂!

マリオのファイアボールが炸裂!

ハンマーブロスを倒すとブロス印のハンマーが落ちているので遠慮なくいただくことに。やっと初の装備品。敵を倒した戦利品を武器にするのは買ったものより気持ちも高ぶる。これで懲りたならもう1人で行くまいと思っていたら、最後まで先に行ってしまうキノピオ。やれやれ…。

ハンマーブロスのハンマーをゲット!

ハンマーブロスのハンマーをゲット!
< 01 敵はクッパじゃない!? 02 強敵!ハンマーブロス 03 泣き虫王子のマロ >
スーパーマリオRPG TOP



プレイ日記

スーパーマリオRPGのプレイ日記。
プレイソフトは2017年10月5日に販売されたミニスーパーファミコン版。
※ネタバレが含まれているため、初見でゲームを楽しみたい方は閲覧にご注意ください。

スーパーマリオRPG TOP
01 敵はクッパじゃない!? 02 強敵!ハンマーブロス
03 泣き虫王子のマロ 04 物知りなカエル仙人
05 天空の使者・ジーノ

©1990 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION/©1990 YOSHITAKA AMANO